一人暮らしでなくてはならない家電の冷蔵庫。
まあ、一人暮らしでなくても必需品ですね、
よほどスーパーが近くにない限り。
さて、冷蔵庫を選ぶポイントは、その容量です。
最近では、あまり冷蔵庫にいれこまないように、エコの観点から容量の小さい冷蔵庫を使うと言うことが流行しているそうです。
では、一人暮らしの冷蔵庫の容量をどのくらいのものがいいのでしょうか。
これは、家電メーカーの王、パナソニックが計算してくれています。
一人あたりの冷蔵庫容量は70リットル、そこに常備品が100リットル、予備に70リットルとなっています。
つまり、240リットルの容量があれば十分だと。
しかし、これは、本来家族向けの計算方法。常備品に一人暮らしの場合、果たして100リットル必要なのかどうか。
もし、生活が外食中心ならば、飲み物類をいれておけばいいので、100リットル冷蔵庫でもいいと思いますよ。
近くに商店街などの買い物をするところがない場合は、また別です。
この場合、食料品の買いだめをすることになるので、少なくとも200リットル以上の冷蔵庫が必要になります、
一人暮らしでも、ですよ。
さて、電気代を考えてみましょう。
実は、小さい容量の冷蔵庫は、電気代が割高なのです。
これは、家族向けの400リットルサイズに合わせているためで、実は400から450リットルの間は、とても省エネということになります。
容量が決まれば、あとは置き場所との兼ね合いですね。
冷蔵庫の置き場所の鉄則は、日が直接当たらないこと、風通しがよいこと、ドアの開け閉めができること、の3点です。
ここまで考慮すれば、おのずと買うべき冷蔵庫は、決まってくると思います。
一人暮らし 冷蔵庫関連商品
オークションなら
 ↓